「女性限定」電話カウンセリング 話してスッキリ・25分無料

女性は物語りを生きている

女性の数だけ物語りがある。

お一人、お一人 違った人生の物語りを生きている。

「とにかく今は生き抜かなければならない」、そんな想いで自分の事は後回し、家族を支えるのに必死な方がいらっしゃる。

カウンセリングをしていると、「疲れるだろうなぁ、カウンセリングで少しでもラクになってもらえれば」、そう感じずにはいられない。

心理カウンセラーとして、何が出来るのか、常に自問自答している。

私が、もしカウンセリングを受けるなら、今の自分を選ぶか、それを問い続ける日々である。

「他の誰でもない、今のこの自分にしか響かない一言が欲しい」

「ハッとし、ガツンと見方が変わるような、そんな言葉が欲しい」

それに応えられるよう、肝に銘じるよう、時にカウンセリングを超えたカウンセリングを行う事もある。

特に40代・50代の女性は

思春期から死を迎えるその日まで、同じ女性といえど、生涯一人・結婚・離婚・子供の有無・思いがけない死別・事業経営等、全く違う時間を生きていらっしゃいます。

特に、40代・50代の女性は、「もう若くない、でも このまま年を取っていくだけの人生はイヤ。 何かを変えたい、変わりたい」という焦りのようなものを日々の生活の背後に抱いていらっしゃいます。

加えて、家族の介護でクタクタの方が多いのも現状です。

そんなしんどさ、たった25分の電話カウンセリングではありますが、少しでも吐き出してラクになって頂ければと、その想いから、電話無料カウンセリングを始めました。

どうぞ、ご遠慮なく心の中に溜まった想い、お聞かせ下さい。

女性限定の電話カウンセリング【25分無料】

【お申し込み方法】


〇要予約 TACカウンセリングルーム
お電話にて:06-6809-6843

〇受付時間/
10:00〜22:00  

〇お受け出来る人数
毎月先着3名様(お一人様25分 1回限り) 


 電話をお受けしたときから、そのまま25分の無料カウンセリングに入らせていただきますが、タイミング的に無理な場合がございます。

そのときは時間調整とさせていただきます。また、 他のカウンセリング中などで、折り返しのお電話となることがあります点もご了承くださいませ。

消えた行列

いつの間にか行列が消えていた。  人気の折には70人を超した日もあった。  少ない時でも30人は並んでいた。

「行列」 何故も こんなに社会を見せてくれるのだろう。 人の関心、行列という形で その心が見える。  執着や移ろいやすさ、ある意味 「流行り」になるよう仕掛け人がいるのではないか。

良いも悪いも、”熱しやすく冷めやすい” 人の心理をたっぷり見せてもらった。

「PCR検査センター」と表された行列の源、2021年・2月半ばに大阪、北新地の通りに誕生した。

当初、チラッと見る、もしくはスタッフに質問する程度で検査を受けている人はいなかった。(あくまでも、私が目にしていた範囲では)   スタッフの数の方が多く道行く人に呼びかけをしていた。  テレビ等でPCR検査を、と耳にしない日が無いほどの騒がれ方なのに、これはどうした事か。

一心理カウンセラーとして考えてみた。

まずは、”怪しさ”といったところか。

突然 誕生した。 医師の紹介や事前予告もなされていなかった。  多分、人の多くはPCR検査は病院で、又は保健所で専門家のもとで受けるもの、という認識だったのではないだろうか。  私も、そう思っていた。

次に、スタッフは大丈夫なのか。   医師なのか、看護師なのか、どの程度の専門家なのか分からない。

研修を受け、その通り手順を踏んでいるだけのアルバイトかもしれない。

そして、受けている人が見当たらない。   ここ、結構 重要なのではないか。  未知のもの、それが命に係わる事なら、誰か他に先に受けていてくれたら、どんなものか、何となく様子が分かる、安心する。  人と同じだと安心出来るという日本人の特徴とされているもの、と言えようか。

しかし、面白いもので、そのセンターが日常の景色として定着するようになると、二人、三人と人が受けだした。   その人達が ”サクラ” と言われるセンター側が用意したものなのかは分からないが。  

安心を誘ったのか、人が増え出し、日に日に多くなり30人を下る日はあまり無かったのではないか。 朝の行列が、日々の日常になった。

勤め人達、会社に遅れるんじゃないのか、会社が要求している事なのか、検査を受けるのなら、遅刻は容認されているのか。

当初、夜まで開いていたセンター、そうなると、今日の検査は終了しましたと、昼過ぎには閉めていた。  受けに来たのに、とアテが外れ帰って行く人も結構いた。

それだけ、大盛況だったPCR検査、その現場から人が幻のように人が消えてしまった。

今、一人か二人、全く誰もいない時間もある。

何故? なのか考えてみた。

そうか、「ワクチン」か!!

ワクチンが広まってきた頃と重なる。  ワクチン、ワクチンとこぞってメディアが煽っていた。 今も、ワクチン接種を、と義務ではないにせよ、専門家達や政府も勧めている。

高齢者の感染者数が減って来たのも、ワクチン接種しているからだと。

分かりやすい現象、と言えるのではないか。

しかし、しかしである、思うに、そんなにすぐに信じていいのだろうか、飛びつくのは危険じゃないか、大丈夫なのか。

ワクチンが全てを解決するのだろうか。

ワクチンについて、どれだけ調べたのか、成分は?  身体に異物を入れる、その危険性は どんなものなのか、政府が言うから、ワイドショー等で解決するような情報を流しているから、ワクチンが足りないと、煽らされているからなのか。

早く打たないとと、焦っている人達が多いように見える。

自分の身体、命がかかっている。

それを情報に依存していいのだろうか。

マスクが義務のようになってきた時、不思議に思っていた。

マスクをしていない者を、まるで犯罪者を見るような冷たい目。

「マスクせーや!!  あほんだら!!」と、自転車ですれ違う老人の男性に怒鳴りつけられた。

人生、精神的に熟成しても良い年齢の者の稚拙な、暴力的な言語表現。  呆気にとられた。

が、マスクをつけるに相応しい生き方をしている人がどれだけいるのだろう。

日々、充実し、満足し人生を味わっている、何かを生み出し、楽しみ豊かな時間を愛おしんでいる、そんな人、どれだけいるだろう。

退屈だと愚痴り、文句を言い、人を妬み、何か面白い事はないかと、安易なもので発散させている、ネットサーフィン・ゲーム・買い物・テレビ、身近なもので時間を過ごしていないだろうか。

退屈で、同じ事の繰り返し、飽きた毎日に「何かないのか」と刺激を待っているような日常なら、そこまで ”生”に執着する必要があるのだろうか。

マスクをつけるに相応しい、愛おしい時間を味わっている人、どれだけいるのだろう。

故に、私はマスクをかなりの期間、つけなかった。

マスクに申し訳ないような気がしていた。

「人に移したら悪いから」とよく聞く。

反感を承知で正直に記そう。

私を含め、大抵が「その他 大勢の一人」、何も特別な事をしていない。

別に”選ばれた人” ではない。

自分と同じような存在が消えたところで何も社会に痛みはない。

近親者が悲しむ、という現実を除いては。

さすれば、今一度、”生” なるものを見つめなおす時期に来ているのではないか。

自分の時間、もっと、色々なものを味わい感じ、考え、過ぎていくだけの時間に埋没してしまわないよう、マスクをつけるに相応しい手応えのある自分でいてほしい。

つらつらと記しながら、一番自分に痛く刺さっている。

分かっている。

自身の無力感に、どう抗えば勝ち得るのか、常時、その事ばかり、閃き が未だ降りてこず怒りを自分に向けている。

八つ当たり的に、世間人を見つめている、そんな自分の小ささ、浅はかさを恥じてもいる。

その己を「フッ、若いなぁ」と、もう一人の自分が笑って背中を撫でに来てくれたりもする。

今も、隣で記している文章を 「ふぅん」と言いながら眺めている気がする。

TACカウンセリングルーム

大阪・北浜の心理カウンセラー乾 より

1.明石にて

その男の言動は、関心を引くに十分であった。

「すまんですまん、そんなもん。 立ち退きさせて来い、お前らで。」

「今日、火つけて捕まって来い、7年間何しとってん、ふざけんな」

「損害賠償、個人で負え、当たり前じゃ」

2019年、暴言で有名になったその男、泉 明石市長。

切り取られた部分ばかり誇張され、連日テレビのワイドショーなどでその話題は大いに大輪の花を咲かせていた。

言葉が、荒っぽいだけで、何か変な事言っているとでもいうのか、叩く、叩く。

7年間、ほったらかしにしていた責任はどこへ消えたのか。

テープに録音し、世間に公表した人物は、全国に犯罪者のように晒された市長に対し己の恥辱に満ちた時を、それで払拭出来たのであろうか。

罵声を浴びさせられ、耐えていた、その事が余程悔しかったのだろう。

その者の、それまで生きてきた中での悔しさの頂点だったのかもしれない。

悔しさの頂点に立った時、見えた景色は ”憎しみ” 一色という事なのか。

どこかで、憎しみのバランスを取り戻したかったのか。  自己崩壊を防ぐ手段として。

その後の記者会見。

「報道されている私の発言については、全て事実です。 言い続けた記憶があります。」潔く認めていた。  答える時、頭をあげ 真っ直ぐ前を見て答えている眼は泳いでいなかった。

そこに、”覚悟を決めた” 目なるものを見た。   不器用な真っ直ぐさ。

なかなか面白い人物だな。

好かれるか、嫌われるか、ハッキリ別れるんじゃないだろうか。

当初、辞任はしないと言っていたが、その後辞める事を公表。

すぐに行われた市長選で圧勝。

報道陣の前で行われる勝利宣言というものなのか、その動画を見た時に私の心を射抜いたもの、それは若いお母さん達の応援が多いという事、子供を抱えた若い母親達が当選を喜び安堵している、その映像だった。  

今まで、あまり目にした事がないような光景。

若母達が市長選に出てほしいと、泉氏に直接働きかけたという。

「市長がいるから、わざわざ明石市に引っ越しして来たのに。  明石で子供を産みたいのに」と。

それ程までに、若母達に支持された政治家がいただろうか。

「国の政治が、余りにも冷たい。  優しい社会を明石から。」 彼の口元から発せられた想い。

少子化を止めたいのなら、安心して産める環境を用意してあげるのは、大きな優しさではないだろうか。

彼が市長になって人口が増え出し、遂に30万人を超えたと発表された。

彼の想いのこもった明石市を見てみたい。

私の好奇心、6月7日、明石に身体を運ばせた。

良く晴れた、暑い日であった。

「一体 何をするんですか?   なぜ、私なんですか?」

と、疑問を感じながら同行してくれたMちゃんを道連れに。

TACカウンセリングルーム

大阪・北浜の心理カウンセラー乾 より


2.明石にて

「アベプラ」という動画がある。

1つの話題を取り上げ各人が意見を出し合う。

専門家・ジャーナリスト・芸人・話題となっている当事者、様々な出演者がいる。

うわべだけ、綺麗ごとの話だけでまとめようとしない所が面白い。  時に討論・激論になったりしている。

その番組に泉氏が出演されていた。 私が見たのは2回だが、何回出演されていたのかは把握していない。

論破、毒舌で有名な ひろゆき氏でさえ泉氏の不器用な真っ直ぐさに微笑ましさなるものを感じておられたように見えた。

中々 面白い人物だなと、出演者達が大笑いされていた。

私自身は、泉氏がちょっと首をかしげる仕草に個人的に好感を抱いている。

明石駅。  改札で待ち合わせ。  その先 全く決まっていない。

ブラ〜ッと明石市を気の向くまま歩いてみよう、道行く人々の表情を見てみたい、それ位でしかなかった。

Mちゃんにも、「何も決まっていないねん、どこ行きたい、もないねん、ただ、明石の人の表情を見たかってん」

ただ、Mちゃんの関心は そこにはなく、「私も動画見たんですけど、途中で見るの止めてしまいました」 よくぞ、付き合ってくれた。

どこへ行こうか、、、。

そうか、特にどこに行かなくても、”駅” に答えがあるんじゃないか。 求めているものが得られるんじゃないか。

改札を中心に、通り過ぎる人、改札から出てくる人、入って行く人を眺めてみた。

気のせいか、出勤時間から外れているせいか、殆どの人達の表情が明るい。

視線がボーッとしていない。  笑っている人が多い。

都会と郊外の違いかもしれないが、大阪・梅田、淀屋橋の朝の風景と全く違う。

大阪、疲れた表情の人が多く、視線は俯き加減スマホを見ている人が多い。

五感を失くしたような人が多い。

花が咲いていようと、立ち止まって魅入る人がいない。

空の青さに暫し深呼吸をし、肺にその青さを吸い込もうとする人、まだ出会っていない。

都会の景色の特徴が ”それ” なら、なんか切ない気もする。

ちょっと、歩いてみようか、とすぐ近くの商店街に。

流石、魚屋さんが多い。 呼び込みの声も力強く魚介類を眺め歩き出来るのは、海がそこにあるからこそなんだろう。

大阪の商店街は飲み屋だらけである。 その飲み屋も今行政の方針で苦しめ続けられている。

所詮、いつかは尽きる命。 なら好きな酒で逝けるのなら自己責任、自業自得、誰にも責任転嫁しませんと、覚悟の一筆をもらい酒を飲ませるような形を取ってもいいんじゃないのか。

命を懸けて飲む酒。

それも、酒飲みにとっては1つの夢に挑戦、浪漫とも思えるような気も、、。

活気あるね、閉まっているお店少ないね、と商店街を抜け、出た所の腰かけに座り、雑談を。

そこに知人の男性。「びっくりした〜、こんな所でお会いするなんて。 僕すぐそこなんですよ、会社。」 営業に出かけられるところだったらしく、泉市長の話を聞いてみる。

「若い人に凄く力を入れてはーりますね。 人気あるの、自分でも分かってはーる。辞任しても、どうせ当選する事も分かっていたんでしょう。」

「あの交差点も事故多くて問題になってましたからねー。」

「明石、人口30万人超えたんですよ」

明石市民の声を聞く。 彼に出会っていなかったら、何人かに話を聞こうと思っていた。

明石を知るには、明石市民の生の声を聞くに限るのだから。(と、私見である)

彼に別れの挨拶をし、再び腰掛に座り、雑談の続きをしていると、年配の女性が自転車を横付け。 いかにも自分達の指定席だと言わんばかりに立っている。

その視線、「早よ 退きや」と言っている。

Mちゃん、「いくら年とっても、ああはなりたくないわ、厚かましすぎるわ」

何処でも、いつの時代でも女性は逞しい、のだろう。

一本外れた道路を挟んだ形の商店街、そこはシャッターを下ろしている店が殆どだった。

城跡の高台までユラユラ歩く。

大きな庭園、バラが咲き乱れ、それぞれが ”いのち、している” その事に何とも言い難い愛おしさを感じた。

そして、綺麗だと感じられる精神状態に、今 この瞬間は間違いなくいる、それを自覚出来ているゆとりを今確かに持てている、その事に有難さも感じていた。

城跡のベンチで雑談は続く。  ほぼ、丸一日彼女と時を共にした。

同じものを見、同じ空間を歩き、何をどう感じたのか、この時間は何か二人の歴史に刻まれるものを残したのか。

私個人の物語りとしては、明らかに歴史の一部とはなった、とそれは言える。

私の小さな明石物語り。

駅中、街、城跡、至る所に子連れの若母達の姿が目に付いた。

母の表情、大半の人が晴れやかだった。

母が安定した笑顔を子供に贈り続けられる事は、子供にとって、大きな宝を得続ける事になるんだろう。

この若母達が泉市長を推した。

母子の笑顔を守れる環境を、彼が少なからずも作り続けている事は感じられたような気がする。

その結果と同じ位の反発・憎しみ・逆恨みも進行中ではあろうが。

次に私を驚かせ感動させたもの。    公園のトイレだった。

女性用には、女性マークと赤ちゃんマーク。

隣の、一般的には男性用とされるそれには、公衆1号と表示されており、男性マーク、赤ちゃんマーク。   その下に車いす、オシメ替えといった4つの絵が表記されていた。

おお、これは!! と、感動のあまり、写真を撮っていた。 不審者と思われても構わない。

こういう、些細であるが、大きなストレスに成り得る状況の改善、そんな所に目をつけられている事、嬉しいじゃないか。

今後も その感性に磨きをかけ明石市民に貢献してもらいたい。

同じ位の喜びが、もう1つ。

「いい所ですね、また来てもいいな」  Mちゃんが言ってくれた事。

その言葉は私の気持ちを豊かにしてくれた、というか、肺を拡げてくれた、それを体感出来た。事は、私の錯覚ではない、間違いなく、、、。

                                  明石にて・② 完

TACカウンセリングルーム

大阪・北浜の心理カウンセラー乾 より