1.明石にて

その男の言動は、関心を引くに十分であった。

「すまんですまん、そんなもん。 立ち退きさせて来い、お前らで。」

「今日、火つけて捕まって来い、7年間何しとってん、ふざけんな」

「損害賠償、個人で負え、当たり前じゃ」

2019年、暴言で有名になったその男、泉 明石市長。

切り取られた部分ばかり誇張され、連日テレビのワイドショーなどでその話題は大いに大輪の花を咲かせていた。

言葉が、荒っぽいだけで、何か変な事言っているとでもいうのか、叩く、叩く。

7年間、ほったらかしにしていた責任はどこへ消えたのか。

テープに録音し、世間に公表した人物は、全国に犯罪者のように晒された市長に対し己の恥辱に満ちた時を、それで払拭出来たのであろうか。

罵声を浴びさせられ、耐えていた、その事が余程悔しかったのだろう。

その者の、それまで生きてきた中での悔しさの頂点だったのかもしれない。

悔しさの頂点に立った時、見えた景色は ”憎しみ” 一色という事なのか。

どこかで、憎しみのバランスを取り戻したかったのか。  自己崩壊を防ぐ手段として。

その後の記者会見。

「報道されている私の発言については、全て事実です。 言い続けた記憶があります。」潔く認めていた。  答える時、頭をあげ 真っ直ぐ前を見て答えている眼は泳いでいなかった。

そこに、”覚悟を決めた” 目なるものを見た。   不器用な真っ直ぐさ。

なかなか面白い人物だな。

好かれるか、嫌われるか、ハッキリ別れるんじゃないだろうか。

当初、辞任はしないと言っていたが、その後辞める事を公表。

すぐに行われた市長選で圧勝。

報道陣の前で行われる勝利宣言というものなのか、その動画を見た時に私の心を射抜いたもの、それは若いお母さん達の応援が多いという事、子供を抱えた若い母親達が当選を喜び安堵している、その映像だった。  

今まで、あまり目にした事がないような光景。

若母達が市長選に出てほしいと、泉氏に直接働きかけたという。

「市長がいるから、わざわざ明石市に引っ越しして来たのに。  明石で子供を産みたいのに」と。

それ程までに、若母達に支持された政治家がいただろうか。

「国の政治が、余りにも冷たい。  優しい社会を明石から。」 彼の口元から発せられた想い。

少子化を止めたいのなら、安心して産める環境を用意してあげるのは、大きな優しさではないだろうか。

彼が市長になって人口が増え出し、遂に30万人を超えたと発表された。

彼の想いのこもった明石市を見てみたい。

私の好奇心、6月7日、明石に身体を運ばせた。

良く晴れた、暑い日であった。

「一体 何をするんですか?   なぜ、私なんですか?」

と、疑問を感じながら同行してくれたMちゃんを道連れに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)